【助成金付き】耐震補強工事で助成金をもらうには?

2011年3月11日、宮城県沖を震源とする国内観測史上最大の「東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)」が発生しました。

被災地の皆様には心よりお見舞い申し上げます。

耐震補強工事って、本当に必要なの?

日本は地震大国ですから、いつどこでどのような規模の地震が来るかはわかりません。 100年以上前に起こった地震の余震が今だに続いているというぐらいですし、地震のあまりなかった関西地区でも阪神大震災では大惨事になりました。

日本にいる以上、震度5〜6の地震にはいつ遭遇するかわからないと言えます。そして、耐震基準を満たしていない家屋は実に3軒に1軒とも言われています。

ですから、あなたのおうちはこのぐらいの地震に耐えられる作りになっているかどうか?について、一度は診断してみる必要があります。その結果、あまり思わしくないようでしたら、耐震補強の工事ももちろん必要になるでしょう。

耐震補強工事は助成金をもらうことができる

耐震補強工事の費用はどのぐらいかかるのか、というのはとても大きな関心ごとです。実際には家屋の大きさや現時点での耐震性など、様々な要素でかわってくるので一概には言いがたいところです。

実は、自治体によっては耐震補強工事に付いては積極的に助成金を出してくれるところも数多くあります。大きいところでは1階の工事にあたり200万円程度の助成金を出してくれるところもあるようです。

ですから、せっかくなので助成金を含めて予算を決め、しっかりとした補強工事を行いたいところです。

耐震補強工事の助成金は、あまり知られていません

実は、耐震補強工事に助成金が出るということはあまり知られていません。なぜなら、多くの耐震補強工事業者(住宅リフォーム業者)に「耐震診断士」がいないためです。

耐震診断士というのはその名の通り、住宅の耐震性の診断ができる資格を持った人のことを言います。実は、助成金を自治体からもらおうと思った場合、この耐震診断士による申請がないといけません。

多くのリフォーム業者には耐震診断士がいないため、助成金の存在をそもそもしらないことも。また、助成金のことを知っていても、自社で助成金の申請ができない場合には、お客さんにわざわざ教えてくれないというケースもかなりあるのです。

ですから、耐震補強工事を助成金つきで実施したい場合には、耐震診断士探しが最初に必要になってくるのです。

耐震診断士のいる業者のみと提携しているサイトがあります

こちらのサイトは、一級建築士の牧野さんという方のものです。

このサイトは、実際に住宅のプロである牧野さんに、直接無料で耐震の相談をすることできるというものです。無料で相談を受け付けてくれる上、耐震診断士のいる業者を紹介してもらうことも可能です(業者紹介なし、相談のみというのも可能です)。

業者に直接見積もりを出してもらうと、どうしても営業されてしまうので後々断るのが大変です。ですので、こうした「間に専門家が入ってくれるサービス」を利用するのが良いでしょう。業者に強引な営業をされる心配がなくなります。

牧野さんのサイトはこちらになります。

東日本大震災に関する情報

サイトトップページへ